Loading…












スポンサーサイト

Posted by エクステリアプランナー 八木 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。












ヨーロッパ研修 ハリポッタ編 

Posted by エクステリアプランナー 八木 on 16.2011 ヨーロッパ研修の旅   6 comments
前回の引き続き、イギリスのレイコック

しかも、「ハリーポッター」の撮影に使われている所も見せちゃいます


50_20110716103545.jpg




52_20110716103544.jpg

ワインとか食料用の倉庫です。

中に入ると

53_20110716103544.jpg

何気に、白目地で割り石と乱石を組み合わせている感じいいっすね~

パックろぉ

ちなみにワインを造っていた所なんですよ

54_20110716103543.jpg でっかいオケがあるでしょ

55_20110716103543.jpg
貯蔵庫なんだけど、手が込んでるね~ ちゅうかかっけ~


さてさて、お待たせしました。ハリポッタの学校の通路場所です。

外から見た感じ⇒51_20110716103542.jpg

レイコック アビー

IMG_7266.jpg
この写真は、現地の人が教えてくれてベストポイントでのシヨット

外の光が窓の形で映し出されている


天井もめっちゃこっていますIMG_7242.jpg

どうやって作ったか解りませんが

相当の技術だと思いました。



今度は、キッチンに入って

IMG_7252.jpg
レンガ作りのコンロ


アーガ
でった~ アーガ(AGA)
他の人のブログですが、解り易く書いてあったのでそのまましています
          ↓

「イギリスのファームハウスキッチン、あるいは、カントリーハウス キッチンに欠かせないのが、アーガクッカー。

古い物を大切にするイギリス人は、”アーガ” のあるキッチンを理想としている。

燃料費が高くなったここの頃は、一次ほど人気はないかも知れないが、1年中”アーガ”をつけておいて、大きなカントリーキッチンで生活するのが、イギリス人の理想的なのライフタイルとされている。

特に、これから寒くなると、帰宅した時に暖かいアーガは、大歓迎。 自然に回りに団欒ができる。

アーガは、1700年はじめの産業革命のころ、鋳鉄を型に入れて作られたらしいが、今でも同じ方法で作られているそうだ。 新しいアーガの7割は、リサイクルの鉄を使っているらしい。

オーブンの扉がいくつもあり、扉ごとに温度が異なる。 ロースト用、スロークッキング用、保温用などある。 なぜ、そのようになるかはわからない。
昔、羊を飼うファーマーは、アーガの一番下の扉の中に濡れた子羊を入れて乾かしたって、この前ハンティングで一緒になった人が言っていた。 (ちゃんと乾いて元気で出て来るそうだ。)

人気TVシェフのジェイミー オリバーの家にもあるそうだが、アーガがうまく使える人は、Good Cook といっている。」

食べてみたいです・・・・・・



それでは、また次回ですが

イギリスロンドンで行った「チェルシーフラワーショウ」

をご案内しますね~ 












ap.txt;5;10
2012.02.07 11:02 | URL | cwIpxNqXvyhNM #l7xykkDE [edit]
ap.txt;5;10
2012.02.07 14:57 | URL | NKnhZIPV #/8E8l4wo [edit]
ap.txt;5;10
2012.02.07 18:55 | URL | xlsBheFSsFNW #ce8vorrA [edit]
c,
2012.02.12 19:19 | URL | name #7hSkKq.E [edit]
e,
2012.02.12 21:45 | URL | name #jZrU0B2o [edit]
b,
2012.02.13 00:14 | URL | name #7A6bgFvw [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

お庭でお困りの方は、こちら

家+庭=家庭 の庭を担当しているGreen2(グリーングリーン)です。

ご興味の方は、クリックして見てください

プロフィール

エクステリアプランナー 八木

Author:エクステリアプランナー 八木

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。